製造業界

近年では製造業であってもインターネットを活用して新商品を販売することが当たり前のようになってきました。しかしこれまでIT 業界に精通していなければ、どのように商品を販売すれば良いのかも分かりません。
マーケティングオートメーションの導入例として製造業が導入した場合には、ランディングページの設定から行えるので助かります。ランディングページというのは商品を説明するページと捉えればよいでしょう。

このようなページを1から作っているのはとても難しいのです。しかしながら、マーケティングオートメーションの中にはランディングページのテンプレートや商品購入の際のフォームなども、全てテンプレートにして作り上げているケースがほとんどです。その中で利用者がさまざまなカスタマイズを施しながらオリジナリティを付け加えることができます。

ですから、さほど詳しい知識を持っていなくても本格的なホームページや販売ページなどを作り、その中で製造した商品を販売することができるのです。当然ながら顧客情報なども自動で管理してくれますので、どういった商品が人気を集めるのか、また顧客はどういった商品について興味を持っているのかということが一目瞭然になります。

IT業界

マーケティングオートメーションは他の導入例として、IT 業界であれば非常に参考になります。IT 業界の場合はインターネットを用いて様々なシステム構築、さらにはサービス、商品などを販売していくことになるでしょう。その過程の中で必要になってくるのがショッピングカートです。マーケティングオートメーションはこのようなショッピングカートから決算までのすべてを自動で行ってくれるのですが、一定のルールのもとに設定することができるので非常に便利です。

例えばユーザーがショッピングカートに入れたまま商品を購入しないこともあります。しかしながらショッピングカートに入れた商品は一定期間で消してしまうのではなく、いつまでも表示するようにシステム構築を行なっておきます。
このようなマーケティングオートメーションを行う事で、次回同じようにユーザーが商品を数に入れた際にも再び前回の商品が表示されることになります。実際にこのようなテストを行った結果、売上が上がったという企業も沢山あるため、IT 業界において、このようなシステムは必要不可欠といえるでしょう。

いつでも便利に購入できるといった気持ちからユーザが後回しにしてしまうこともあります。その時に忘れてしまうこともあるでしょう。他にユーザを流さないためにもこういったメディアシステムや、その他にもキャンペーンを行う際のメール配信設定などを行うことも可能になっています。

マーケティングオートメーション導入モデルを見る

ウェブを活用しながら、さまざまな事業を展開していくためにはシステムを構築しなければなりません。商品をアピールしていくといった段階をはじめとして最終的に購入へと繋がるまでのシステム構築をするには、自分たちだけでできないケースもあります。時間や手間を省いてスピーディにこのようなシステムを構築するためには、マーケティングオートメーションが最もおすすめとなっています。

マーケティングオートメーションを導入すると、どのように事業を拡大していくことができるのか、Web マーケティングを展開することができるのかを知りましょう。マーケティングオートメーションを導入している一つの例としては、IT 業界をはじめこのほか、製造業界なども該当してくるようです。そういったモデルをまずは知ることによって、自分たちの企業がどのようにオートメーション化を図るかについてを考えましょう。

参考:企業の収益化につながるマーケティングオートメーション|SATORI

システムだけを導入したところで使い方がわかっていなければ、しっかりと高い性能を発揮することができません。結果的には扱いに困ることになってしまうでしょう。そのため、マーケティングオートメーションの導入例を一つのサンプルとしてとらえながら、自分たちの中での戦略を練っていくと良いです。

また導入後にはすぐ実際の事業に役立てるのではなく、ある程度の期間はテスト期間として様々なシステムを使いながらトレーニングしてみると良いでしょう。経営を行っていく上でのシナリオを事前に考えておくことや、プログラムフローを設定しておくこと、そして最終的には業務フローにつなげていくということが重要になります。